2007年07月13日

バードちゃん、ありがとう!!

IMG_0488.JPG

我が家のちっちゃなアイドルだった、セキセイインコのバードちゃん小鳥
7月11日、夜7時11分ごろ、永眠しました。

IMG_0483.JPG


4月のパパの入院騒ぎのころ、お腹に腹水が溜まり始め、なんと6回も獣医さんに抜いていただいては元気を取り戻していましたが、7回目の病院通いのその夜、私の手の中で、息をひきとりました。

よくがんばってくれたなと思います。
小さいのに、気が強くて、おしゃべりで、いたずら好きで、テーブルの上から自分より重いものをよく落としてました。


IMG_0488a.JPG

IMG_0487a.JPG


蘭も一目置いていて、小屋から出しても、ちょっと離れて見ていた・・・。

最後のほうは、腹水より腫瘍の方が大きくなって、おしゃべりもしなくなっていました。


我が家の三人娘達も、覚悟は徐々にしていたはずでしたが、それぞれの帰宅後、ひとしきり泣きました。

翌朝、お庭にお墓を作って、バードとお別れをしました。





そのころから、今度は蘭の調子が・・・。

いつも、ころころウンチの蘭。
便秘になることはあっても、下痢になることは今までありませんでした。

それが、その晩は何度も外に出たがり、夜中も4,5回、庭で下痢をしました。

次の朝、早速、ウンチ持参で病院へ病院

今週は、月曜日にシャンプー、カットもしているので、ストレス性の胃腸炎かも、ということで、まずはサプリメントを飲ませていただき帰宅。

IMG_0548.JPG
    カット前


IMG_0553.JPG
    カット後


すると、直後におしっこのような下痢、嘔吐。

ふやかしたいつものドライフードも少量のおかゆも受け付けず犬(怒)
お昼前には、胃の中全部吐いちゃって(あーあ、サプリメントがー右斜め下

また病院病院に舞い戻り車(セダン)
今度は抗生物質と腸の炎症を抑えるお注射注射をしていただきました。


2度目の病院帰宅後は、血の混じった嘔吐、おしっこのような下痢がく〜(落胆した顔)と、元気がなくなり心配しましたが・・・、

何も食べず、しっかりお昼寝をしたら眠い(睡眠)
夜には、食欲が出てきて、ふやかしたドライフードを少々食べました。犬(笑)


今朝の診察では、
もう大丈夫とのこと。
今日1日はふやかしたフードと抗生物質の内服薬(こちらは3日分)をということでした。
まずは一安心。わーい(嬉しい顔)



蘭もバードの死や、家族の反応を敏感に感じ取ったのかもしれません。

バードの死はとても悲しい出来事でしたが、蘭が皆の側にいてくれました。
皆、蘭をなでながら、泣いていました。


小鳥バードexclamation×2
7年間、かわいいしぐさとおしゃべりで、皆を楽しませてくれて、本当にありがとうハートたち(複数ハート)

犬(笑)蘭ちゃんかわいい
これからも、元気で長生きして、皆の事よろしくね黒ハート

ニックネーム 蘭ママ at 16:51| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
バード・・虹の橋を羽ばたいて行ったのですね・・。
7年間・・たくさんの幸せをミンナに振りまいて・・。
でもこれからは!ミンナ・・夫々の肩の上にとまって!いつでも・・いつの時も・・側に居て見守って居てくれますよ!

ランランも・・とっても悲しかったんでしょうね・・。優しいね・・。
我家のメーが・・時々同じ症状になります・・。
水の様な血便を出した時は・・少々驚きましたが・・メーの場合は、毛繕いの毛が!胃腸を荒らしたせいで・・血便が出たらしいですが・・
ワンコサンの場合は毛繕いはないしね・・・。
何だろう??やっぱり・・バードが旅立った寂しさなのかな・・・。

早く良くなるよう・・神様にお祈りするね!
ガンバレ〜〜〜〜ランラン!バードもついてるよ!
Posted by ピッコリンママ at 2007年07月15日 15:41
ピッコリンママ揺れるハート
メーちゃんも血便になったりするのですか?
蘭は便の方は、今まで下痢らしきものをまったくしたことがなかったので、おどろきました。
でも、今日はすっかり食欲が戻り、ドライフード、カリカリおいしそうに食べてます。
(ふやかしたフードはまずいらしい・・・わーい(嬉しい顔)
原因は獣医さんにも分からないとの事でした。
Posted by 蘭ママ at 2007年07月15日 17:01
バードちゃんのご冥福をお祈りいたします。
バードちゃん、ありがとう、っていう言葉が沁みます。

7年間といえば、小鳥にとっては立派に天寿をまっとうできたということですよね。
しかも、優しい家族とずっと一緒だったなんて
とてもすばらしいことだと思います。

蘭ちゃん、大好きなご家族が、皆悲しそうなので
敏感に何かを感じて調子が狂ってしまったのかもしれませんね。

不二子が血交じりの胃液を吐いたことがあったのですが、環境の変化などによるストレス性ではないか、と言われました。
それ以来、一度もありませんが。。。

蘭ちゃん、繊細なオンナノコ、って感じですもんね。
家族の結びつきが強いからこそ、こういうことも
あるのかもしれませんね。

くれぐれもお大事に。
Posted by JARA at 2007年07月15日 20:11
バードちゃんの御冥福をお祈りします。
私も子供の頃は、セキセイインコがいつもいました。バードちゃんハルクインですよね。お腹で色が違うんですよね。うちにいた子もそうでした。
7歳なら大切に育てられたのが目にうかびます。
蘭ちゃんも家族の悲しみを察したのかな?
やさしい蘭ちゃん、やっぱりみるくとお顔がそっくり!お会いできる時を楽しみにしています。
Posted by みるも at 2007年07月15日 21:40
JARAさまexclamation
天寿をまっとうできたと言っていただけて、少し心が楽になります。
蘭が来てからどうしても、相手にしてやる時間が減ってしまってたと感じてましたので・・・。
でも、最期の1時間余り、私の手の中に抱いて見取ることができた事はよかったです。

不二子ちゃんも血交じりの胃液を吐いたことあったんですね。
蘭はそんなに神経質なタイプではないと思うのですが、やはり何かを感じ取ったのかもしれません。
Posted by 蘭ママ at 2007年07月15日 23:27
みるもさまかわいい
セキセイインコにお詳しいんですね。
バードは並セキセイより一回り大きな種類で、『パイド』とか言っていた気がしますが、よく分かりません。
みるくちゃん、やっぱり似てますか?
早くお会いしたいなー揺れるハート
Posted by 蘭ママ at 2007年07月15日 23:35
この前お目にかかったとき、「具合が悪い」と聞いていたので…。そうですか。残念でしたね…。ものがいえない動物達が具合がわるくなるのは、みていてほんとに辛いですね…。バードちゃん、心安らかだったことと思います。
 蘭ちゃんも敏感に感じ取ったのでしょうね。ほんとにものがいえない子たちは、悲しみもダイレクトだろうからおなかいたくなっちゃったのかな…。またお目にかかりましょう。そういえば、蘭ちゃんのサマーカット、似合ってる〜!!
Posted by ひかりママ at 2007年07月17日 09:00
ひかりママぴかぴか(新しい)
小さな小鳥にしては、4月から3ヶ月もよくもってくれたと思う一方で、あっけなかったなとも感じてます。
 
蘭の方は、一度下痢は止まったのですが、また、昨晩、2度ほど起こされました。
このような気候だからでしょうか。
サマーカットでお腹にバリカン入れたからかなexclamation&question
Posted by 蘭ママ at 2007年07月18日 09:50
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/935797
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック